ECサイトのメリット・デメリットとは?

不特定多数の人に商品を売ることができる

通信販売と言うと従来ではカタログあるいはチラシなどに商品を掲載して、購入してもらうというのが主流でしたが、現在ではインターネット上にECサイトを設けることができるので、より多くの人々に自社で販売している商品を見てもらうことができます。チラシやカタログの場合には、それらを持って行った人や新聞をとっている人しか見ることができませんでしたが、ネットでは検索した人に商品を知ってもらえますから、商品の売れ行きも場合によっては向上していきます。
ECサイトはいろいろな商品を売ることができ、法規に反する運営方法をしなければ商売を続けることができますので、これから通信販売事業を展開される方はECサイトを活用してみましょう。

ECサイト運営の改善方法

ECサイトは商機を拡大せるという意味ではかなりのメリットがありますが、通信販売ならではのデメリットがあります。それはお客さんが自社のサイトにアクセスして商品を見ても、実際に届く商品と少しイメージが違うなどのギャップが生じる事です。
商品画像を縮小した画像で掲載したり、不鮮明な画像を掲載しているとこのようなギャップが生じてしまいますから、ECサイトを運営する上では様々な角度から撮影した写真を掲載してお客さんにできるだけギャップを感じさせないようにしましょう。画像の多いサイトは判断材料が多いサイトとして人気が上がりますから、利益を向上させられます。ECサイトはコツさえ掴んでしまえばどんどん売り上げを伸ばせるのです。